img

ビザについて

海外旅行に行った事がある人もそうでない人も、「ビザ」という言葉は一度は耳にした事があると思います。
ですが「ビザって何?」と聞かれると返答に困ってしまうという方がほとんどなのではないでしょうか。
ではその「ビザ」について説明して行きましょう。

ビザというのは、「訪問予定の国の在外公館が自国への入国や滞在などを審査して、入国資格を有すると認められた事の証明」です。
もっと分かりやすく説明すると、「訪問予定の国に滞在しても良いですよ」という証明書みたいなものです。
観光目的の日本人が多く訪れる国でしたら、ビザがなくても旅行出来ますが、就労目的などで長期間滞在する場合は、どの国に行く場合でもビザを取得しなければなりません。

では、なぜその「ビザ」が必要なのでしょうか。
それは、労働市場への政府の対策が関係しているからです。
日本人が欧米で職を求めていたとしても、欧米諸国では高い失業率が問題になっているので、まずは自国の国民の雇用を最優先しなければなりません。
そういった状況が関係しており、外国人就労者の数を制限するという流れになってきている為、就労ビザがなければ外国で就労する事が出来ないのです。
就労ビザを取得するには、その国で自分が働く事によってその国に利益をもたらせる程の人財でなければいけません。
その国で苦も無く働いていく為の高いレベルのスキルや知識などが要される場合もあるので、就労ビザを取得する事は難しい事もあります。